渋谷での高級デリヘル開業にあたって知っておくべき「適正基準」とは

2015-12-02

風俗営業法の定める各業種の適正基準は、どのように決められているのでしょう。風俗営業法は日本の国にある風習や世俗についての法律です。風習や世俗というのはそもそも、その時代の背景や地域性でかなり変わってくるものです。「これが適正である」というはっきりと固定した観念というものが、存在しません。例えばハグやキスを人前で行えば、日本ではハシタナイと思われても仕方ないのですが、海外ではそれが日常茶飯事である国もあるのです。

また日本も近年では、さほど奇異な光景ではなくなっています。このように時代も関われば国も関わる、地域差もあるとなれば、「これが適正」というものがなくてもアタリマエですよね。性風俗に関してさえも、性器を顕わにするのは日本では許されませんが、その日本でも世界が認める芸術的な作品にモザイクを入れることは出来ないわけです。

ギリシャ彫刻で顕になっている男性器に、布をかけたりモザイクを施したりなどしているのは、日本ですら見られませんよね。しかしAVには当然モザイク処理がなされています。この線引きというのは「ギリシャ彫刻対AV」であればなんとなく簡単なのですが、写真集であればどうでしょう。

「抜きドコロ!」なんてそのものズバリの題名で露出も過激となれば「そりゃ卑猥だわ」となりますが、美しい女性が肉体美を表現し題名をアカデミックであったときに、同じ露出を「性風俗を乱す」と判断できるか否か、これは難しいものだと考えられるわけです。

適正基準というものの判断の難しさを感じます。女性の乳首はシンボリックで、男性のそれは違うというのも、なんとなく納得しかねます。ギリシャ彫刻の男根に興奮を覚える人もいるかもしれませんよね。特に性的マイノリティの場合には、一般的にシンボリックであると言われる女性の乳首にセクシャルな感情を抱かなくても、男性の乳首にドキドキするかもしれません。

少数派だ多数派だということだけで判断できるものではないはずです。この風俗を法の中で適正基準を設け、法の中で規制するとなれば、この基準は柔軟であることが求められます。よって風営法は基準を精霊や地方の条例などに預ける形を採用しています。

曖昧であることが、寛容な解釈が出来る余地を作っています。しかし反対に言えば恣意的な運用も出来るのですから、行政の法の運用に対する不安感も残されます。この曖昧さがその時の事情に乗じた法の介入を許すものになりかねないということです。

渋谷高級デリヘル

渋谷での高級デリヘル開業にあたって知っておくべき「適正基準」とは

風俗営業法の定める各業種の適正基準は、どのように決められているのでしょう。


Copyright© 2015年12月2日 渋谷の高級デリヘル利用時の約束事を幾つか教えます!
http://www.oroninflammation.net All Rights Reserved.